きゃりーぱみゅぱみゅでラップしたラッパーG-Eazyって?

この記事は2分で読めます

G-EAZY きゃりーぱみゅぱみゅ

今日はきゃりーぱみゅぱみゅさんのPONPONPONをサンプリングしてラップしたラッパー、
G-Eazy(ジー・イージー)さんについてまとめてみました!

Sponsored Link

レトロラッパー

G-Eazyさんは現在25歳の
カルフォルニア、オークランド出身の
白人ラッパー。

G-EazyのGは
彼の本名Gerald(ジェラルド)から。

ご覧の通り
典型的なラッパーとは違う
落ち着いたファッション
ちょっと渋い髪型ですよね。


g-eazy ファッション 髪型 g-eazy 和訳


彼の音楽とPVを視聴してみるとわかるんですが、


彼のスタイルは
50年代60年代のドゥーワップを連想させるサウンドで
レトロで品のあるスタイルと

今アメリカで流行りの
典型的なヒップホップのラップを混ぜたスタイルなんです。




そのギャップがウケているようで、
今人気急上昇中のラッパーです。

ちなみに身長193cm!
脚が長いです。

g-eazy 身長 脚

既に大物ラッパーと仕事済み

恋愛女性についての歌詞が多く、
例えるならドレイク系ですね。

白人ドレイクとも言われています。


既にドレイク、リルウェイン、フレンチ・モンタナとは既に交流があったり、
一緒に仕事をした経験があります。

g-eazy ドレイク

リルウェインのツアーに参加したり、

g-eazy リルウェイン

フレンチ・モンタナとは
もう既にコラボしています。

g eazy  フレンチモンタナ

曲はこちら
G-Eazy ft. French Montana


Sponsored Link

PONPONPONをサンプリングした曲について




Lost In Translation
(ロスト・イン・トランスレーション)
という曲にサンプリングされています。


彼のサウンドは先程話した通り、
50~60年代のレトロで落ち着いたサウンドなんですが、
これは全く別物。


まずこの曲の最初で

「日本に向かう飛行機の中
カルチャーがもっと素晴らしいところ」
ってラップしているんですね!


ちなみに
まだG-Eazyさん日本に行ったことはないと思います。


日本での知名度はまだまだなので
プロモーションやコンサートで来日はされていませんし。

既に日本に行くと仮定して曲を書いていることから
日本に行きたがっていることがわかりますね。


また、
デニムの聖地と言われている岡山産のデニムだけを使ったカナダのデニムメーカー、
「Naked And Famous denim」が
この曲の中で出てきたり。


曲の途中では
「東京に超めちゃくちゃ行きたいよ」
と言っています!


相当の日本好きではないでしょうか!


G-Eazyさんの言っている
「日本の素晴らしいカルチャー」って
どの日本のカルチャーを指しているかはわかりませんが。


G-Eazyさんは渋いイメージがあるので
和服とか似合いそうですよね。

g-eazy 服

ちなみにこれ、
映画のLost In Translation のパロディなんですね。

g-eazy ロストイントランスレーション
映画のLost In Translationについてはこちら




以前はラッパーらしい格好をしていた

品がある洗練されたファッションが特徴のG-Eazyさんですが、

ブレイク前の数年前は
ラッパーらしい格好をされていました。


これが5年前のG-Eazyさん。
(当時20歳)

g-eazy 昔 ブレイク前
g-eazy ファッション 服 昔 ブレイク前

思いっきり派手ですね。
でもこの時もおしゃれ!


今のG-Eazyさんから
このような格好のG-Eazyさんは想像もつきませんが、
以前このようなポップなファッションをしていたのなら
きゃりーぱみゅぱみゅさんに惹かれるのもわかりますね。

g-eazy きゃりーぱみゅぱみゅ

もしかしてG-Eazyさんと言う
「日本の素晴らしいカルチャー」って
原宿のファッションカルチャーなのでは?


ちなみに、この当時の曲は
ヒップホップテイストのサウンドですね。
G-Eazy 過去の曲


今のレトロなスタイルの曲はなかったです。


私は
G-Eazyさんが今の路線にイメチェンして
正解だったと思います!

Sponsored Link

関連記事

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。